3年前に仕事を辞めて、失業保険を受給していました。それまでは特に値段を気にせずに

買い物をしていましたが一気に経済状況が変わり、節約生活に突入しました。

それでも最初のころは経済感覚が変わらず、外食したり洋服を購入したり、あまつさえ旅行に行ったりしていました。

状況がわかっていなかったんですね。

当然貯金残高はどんどん減っていき、これだけは残しておきたい、という金額に近づくにつれさすがに焦ってきました。

そこで通帳とにらめっこして月々の収支を確認し、シビアな現実と向き合うことにしました。

まず光熱費を見直しました。水ガス電気すべて含めて1万円を目標に設定し、節約をこころがけました。

使わないコンセントは抜く。水はちょろちょろ出す。エアコンはなるべくつかわない。お湯の温度は低め。

車を2台所有し、それぞれに駐車代がかかっていたのでまず一台手放し、最終的にはもう一台も。

それだけで年間50万円は浮きます。

携帯料金も見直し、最安のプランにしました。スーパーでの買い物も、夕方から夜に行くと割引や半額で買えます。

1年くらいして、何とか家計がもち直してきました。

経済感覚ってだいじですね。